青汁が便秘に効くお勧めのタイミングは?

青汁を飲むお勧めの時間

青汁の効果をより高くするためには、理想的な飲むタイミングがあります。せっかく、健康の為に飲むなら、より効果が実感できる飲み方がお勧めです。但し、青汁はいつ飲んでも体に悪い影響が出るものではないので、自分のライフスタイルで飲むタイミングを決めても問題はありません。

 

目的に合わせた青汁の飲むタイミングや注意するべきことを知っていると、効果が出るのが楽しくなるものです。自分の体のサイクルや代謝の速度もあるので、理想的なタイミングを試してみて、自分に合ったタイミングを見つけてみるのも効果を最大限に引き出す方法です。

 

栄養補給やダイエットが目的の場合

栄養補給には朝食前がお勧めです。目覚めたばかりの身体は栄養をとても吸収しやすい状態となっています。野菜の持つビタミンやエネルギーをしっかり吸収して効果を実感できるようです。

 

ダイエットには食事の前に飲むことがお勧めです。飲みすぎると下痢を引き起こすので、1本を朝ご飯の前と夕食の前に分けて飲むと刺激が少なくなります。食事前でお腹が空っぽの時に食物繊維が豊富な青汁を飲むことで、満腹中枢が刺激され食べ過ぎを防ぐことができます。食事の前に野菜を食べるというダイエット方法があるように、青汁は野菜と同じなので血糖値の上昇もゆるやかになります。

 

青汁を食前に飲む場合でも自分がどのような目的で飲んでいるかを意識すると、効果を考えながら摂取するので、継続するという、やる気が出てきます。

 

青汁の効果は無限大で、栄養補給やダイエットの効果を引き出すことが目的で、飲むタイミングが便秘対策に効果を発揮することもあります。便秘が解消することで肌荒れが改善されるなど効果が広がるのも青汁の魅力です。

 

便秘に効果的なタイミング

青汁は食物繊維が豊富なので、便秘対策に取り入れるという人もいます。便秘を解消する目的でも、出来るだけ朝出かける前にリラックスした時間にトイレタイムがとれることが理想です。せっかく青汁の効果が出ても外出先でトイレにゆっくり行けないと、我慢をしてしまいかえって便秘になることもあります。
朝スッキリする為には就寝前に飲むことがお勧めです。寝ている間に腸が動いて朝スッキリ出来ます。しかし、夜中に腸が動くことで睡眠に影響が出る場合は、時間を見直すことも必要です。外出時間を避けるという意味で、帰宅してすぐに飲むことで寝る前にトイレタイムがくるようにするのも自分のライフスタイルに合ったタイミングではないでしょうか。

青汁で便秘を解消してむくみ対策!

むくみの原因

 

病院に行って診察を受ける程ではない症状の1つにむくみがあります。日常生活に支障をきたす程ではないと、そのまま様子をみるという人もいます。また、生理前やお酒を飲んだ翌日など一時的なむくみだと、原因がわかっているからと気にしないこともあります。

 

そもそもむくみはどのような原因で引き起こるのでしょうか。むくみとは血液中の水分が血管の中から外ににじみ出し、異常に増加した状態で引き起こります。人の体は体重の約60%が水分で形成されています、腎臓や甲状腺など様々な臓器がはたらいて、その水分を常に一定に保っています。それがうまく機能しなくなるとむくみが起こります。

 

むくみ以外にも何か症状が出ている場合は大きな病気の兆候かもしれません。例えば、足を中心にむくみがあり、特に夕方強くなってきて、呼吸困難も伴う場合は慢性心不全の可能性もあります。病気によるむくみは、腎臓、心臓、肝臓、内分泌系、静脈、リンパ節などの病気が原因なので、早めに病院を受診することがお勧めです。

 

病気が原因ではなくても、塩分の取りすぎや薬の影響でもむくみは出てきます。そして、病院に行くほどではないむくみは、はっきりとした原因がないのが特徴です。特発性浮腫と言われていて、夕方にむくみが強くなり、足や手、腹部、顔と人によってむくみが強く出る部位が違います。夕方になると足がむくんで靴がきつくなるというのも、この突発性浮腫です。

 

青汁でむくみ対策

 

病気が原因のむくみには医師の診断が必要ですが、原因がよく解らない突発性浮腫や、塩分の取りすぎやお酒の飲みすぎなどの原因がはっきりしているむくみには青汁の効果が期待できます。

 

便秘が原因でむくむ場合も、継続的に飲むことで体質改善の効果が期待できることがあります。

 

むくみを解消する為には、身体の中の塩分濃度を下げてやり、体内の余分な水分を体外へと排出する事が一番有効です。その為には運動をして血流を良くして汗を出す方法や、リンパの流れを良くするマッサージをする方法があります。しかし、それは一時的な対策で、効果が持続するわけではありません。ストレッチはむくみ対策には効果がありますが、毎日続けることが大切です。

 

青汁も運動と同じように継続しないと効果はありませんが、青汁にはむくみを改善するカリウムが沢山含まれています。カリウムには様々な作用がありますが、一番重要なのは利尿作用です。カリウムの利尿作用によって水分代謝が活発になり、細胞内の余計な水分が排出されるので、むくみの解消につながるのです。

 

便秘を解消してむくまない体質改善

 

むくみ対策は一時的な対処ではなく継続してむくなないような体質改善をすることがお勧めです。むくみの原因となる余分な水分や代謝を悪くする老廃物を排出することで、むくみにくい体になります。

 

青汁には便秘を解消してデトックスする効果があるので、カリウムの働きで水分代謝を活発にするだけでなく、体の中からきれいにすることが出来ます。

青汁で便秘解消!子供にも効果ある?

子供が必要な繊維の量は?

 

便秘は大人だけの問題ではなく、子供にとっても深刻な課題です。精神的なことや、学校でトイレを我慢してしまうことで慢性的な便秘になることもありますが、1日に必要な繊維をしっかりとって、トイレタイムが習慣になると健康的に毎日が送れます。

 

朝トイレでスッキリできることが習慣になるためにも、1日に必要な繊維の量を知っておくと、安心ではないでしょうか。

 

子供が1日に必要とする繊維の量は、年齢+5gが理想と言われています。つまり小学校1年生になる6歳の子どもであれば、11gの繊維が必要です。

 

食品から摂取できる繊維の量は?

 

子供が1日に必要な繊維の量が分かっても、具体的にどれくらいの食品を食べると必要な繊維が摂取できるのかピンとこないと思います。そこで、身近な野菜を挙げて説明します。

 

食材100gあたりの繊維の量
・お米 0.6g
・キャベツ 1.8g
・ほうれんそう 2.8g

 

食物繊維が豊富と言われる代表的な野菜のごぼうでも100gあたりの繊維の量は5.7gです。6歳の子どもであれば、ごぼうを200g食べないと、理想とされる繊維の量を充分に摂取できないという計算になります。

 

ごぼうだけで摂取するのではなく、バランスよく色々な野菜や果物を食べて1日に必要な繊維を摂取することがお勧めですが、野菜嫌いの子どもにそれだけの野菜を食べさせるのは難しいのではないでしょうか。そこで、普段の食事と一緒に青汁と取り入れることがお勧めです。

 

野菜不足の解消に市販の野菜ジュースを取り入れているケースもありますが、残念ながらサラサラとして飲みやすい市販の野菜ジュースでは食物繊維は補えません。野菜ジュースを取り入れたいなら、フレッシュな野菜や果物でスムージーを作ることがお勧めです。

 

青汁の繊維量

 

青汁といっても原材料となる野菜がケールや大麦若葉や明日葉など違います。形状も粉末からジュースまで色々あるので、繊維量も商品によって違いますが、原材料100g当たりの繊維量は大麦若葉47.2g、ケール3.7g、明日葉5.6gというデータがあります。身近な野菜と比べても繊維量が豊富です。

 

繊維が手軽に取れても、青汁はクセがあり独特の青臭さや苦みは、子供には向かないという意見もありますが、工夫次第で子どもでも抵抗なく摂取できる方法があります。

 

野菜ジュースを飲む習慣のある場合は、甘味の強いバナナやりんごとにおいを緩和してくれる牛乳と青汁をミキサーにかけると飲みやすくなります。比較的においが気にならない粉末の商品をホットケーキに混ぜたり、白玉だんごにしておやつとして取り入れるのも1つの方法ではないでしょうか。